2019年11月13日

楽しくトレーニングできる!

小さいころに遊びで唇をぶるぶるふるわせて遊んだことがある人は多いと思います。ブルルルルとそれを続けて行うことをリップロールと言うんです。

リップロールの良いところは、ぶるぶるするだけで楽しいのでどこでもできるところです。それにドレミファソラシドの音階をつけて行えばもうそれは立派なボイトレになるんです。

ちなみにリラックス、力を抜く効果があるので、これをカラオケなどで歌を歌う前に行えば喉も傷めにくく一石二鳥です!簡単にできるのでぜひ試してみてください

今週のうたコンのAIの美空ひばりさんの歌を見てちょっとトレーニングのことを思い出しました。司会は小郷知子アナから片山千恵子アナに交代なったとのこと。
posted by ゲスト at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

声量が小さいといわれる方に・・・

カラオケや合唱、など歌う場面は意外と多いと思います。そのとき自分でも声が小さいなと感じる方がいるかもしれません。

そんな時にまず初めにおすすめなのが腹式呼吸です!これがうまくできていると体全体から声が出るので大きく通る声になります。

更に続いて自信がないから大きな声が出せない方は、自信をもって声を出すことも大切です。うまいにしろ下手にしろ聞こえないよりは、はるかに下手でも聞こえる歌の方が、誰かに届く可能性は十分あるからです。

今週のうたコンのSHISHAMOの歌を見てちょっと声のことを思い出しました。
posted by ゲスト at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

地声(チェストボイス)

高い音を出すのは得意だが、低い音を出すのは苦手だという方も中にはいると思います。そんな方におすすめの練習がチェストボイスです。

チェストボイスは地声に似ていますが、何も考えずに低めの声を「普通」に出す声で、歌を歌う時には多用する発声方法です。

名前の通りに胸に響かせるように声を出していくと、低い声を出したときに響きが生まれて魅力的な低音を出すことができるようになります。

高い声から徐々に低く声をしていくと、響いてる位置が下りてくるのがわかると思います。低い音は胸で、高い音は頭の上で鳴らすようにするとうまく声が出ます。
posted by ゲスト at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

ギターをちょっとづつ・・・

ギターを始めようかなと思っている方に言ってみると・・・・、それはやればそのうちにできるようになるということです。

高校のときにギターを買い、放置すること8年。ようやく再開して毎日触るとエフの壁という最大の敵を倒すことができました。そこまで1か月程です。

実はそのあともBの壁や様々な壁はあるのですが、やってるうちに手が動くようになる瞬間が訪れます!

ギターをやめてしまった方や、挫折しそうな方は、何とか続けてみてください。一年後にはたくさん弾けるはずです。そんな中でおすすめの練習法が、好きなアーティストの曲を練習することです。好きなアーティストの簡単そうな曲を一つでも見つければ、モチベーションが保てます。

続けることがまず大事なので、ぜひ挑戦してみてください。
ギターを弾かれる方には、ちょっと怒られそうな記事ですいません。

今週のうたコンの山本彩さんのギターを見てちょっと思い出しました。
posted by ゲスト at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

NHK紅白歌合戦について

NHK紅白歌合戦の観覧募集申込みは、例年10月上旬ごろに募集を開始しています。もちろん入場無料なのですが、事前の申し込みが必要です。

詳しいお申し込み方法は、募集期間中に、NHKのテレビ、ラジオ、ホームページ・イベント情報サイト(http://www.nhk.or.jp/event/)、携帯サイトなどでお知らせされます。

ところで気になる当選倍率ですが、過去の倍率を調べると、1000倍程度となっているようです。

年度によって倍率の違いはあるようですが、当たるためにはかなりの枚数のハガキを出さないと当たらないようです。数枚出しただけで当たるのは奇跡に近いですね。

そのため、一人で沢山応募されるので、当選倍率高騰に繋がっているようですね。
また今年は第70回目ということや令和初ということもあり、かなりの倍率になりそうですね。


2019年度紅白歌合戦の観覧募集申込の開始時期と当落通知、当選倍率などをいろいろなサイトでチェックして下さい


ところで昨日の9月10日のうたコン、久しぶりのNHKホールからの生放送でしたが、乃木坂46、森崎ウィン、リトグリ、郷ひろみ、ケミストリー、坂本冬美など出演されていて良かったですね。
posted by ゲスト at 17:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

好きな洋楽男性アーティストランキング!!

もっとも権威ある音楽賞として知られる『第60回グラミー賞』が、間もなく開催。一気に洋楽アーティストへの注目度が高まる中、オリコンが運営するサイト『English Style』では「好きな洋楽男性アーティスト」について、1,000人にアンケートを実施。総合1位に輝いたのは、昨年CMでお茶の間にも進出したカナダ・オンタリオ出身のジャスティン・ビーバーだった。

1位 ジャスティン・ビーバー
2位 ブルーノ・マーズ
3位 ザ・ビートルズ
4位 マイケル・ジャクソン
5位 東方神起
6位 マルーン5
7位 ボン・ジョヴィ
8位 オースティン・マホーン
9位 エド・シーラン
10位 ワン・ダイレクション
posted by ゲスト at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

紅白出場歌手について

毎年大晦日に放送されるNHK紅白の歌手出場者が、2018年11月14日に発表された。「第69回NHK紅白歌合戦」の初出場は紅組があいみょん、DAOKO。白組はKing & Prince、Suchmos、純烈、YOSHIKI feat. HYDE。

今年『U.S.A.』が大ヒットしたDA PUMPは16年ぶりの出場。

その一方で、出場が有力視されていた「落選組」のファンの「なぜ落選したの?」といった声も続々と上がっている。

初出場当確と思われた米津玄師さん、落選にネットは落胆の声も。「あれ? 米津玄師さんは?」「落選は意外」など驚きの声が殺到。ほかにも、有力視されていたことを引き合いに出した上で、「本人が辞退したんじゃないか?」と、オファー自体はあったのではとする声もある。

また、9月に飲酒運転とひき逃げの容疑で逮捕された吉澤ひとみ被告の所属先だったモーニング娘。は、今年が結成20周年ということで、ファンの間では紅白への復帰を期待する声が大きかったが、その期待に反して落選となった。

また、4月に当時の現役メンバーである山口達也さん(46)が未成年との淫行騒動を起こしたTOKIOだが、出場者リストの中に名前はなく、連続出場回数は昨17年までの24回で止まった。
posted by ゲスト at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

花嫁へ 永遠の愛を誓う!

うたコンのテーマ「6月の花嫁へ 永遠の愛を誓う」で山内惠介が「恋する街角」から、川野夏美&杜このみが花村菊江の「潮来花嫁さん」を歌った。

クリス・ハートが中島みゆきの「糸」、石原詢子が都はるみの「夫婦坂」を披露した。

前川清が亡き元妻・藤圭子、「圭子の夢は夜ひらく」など多くのヒット曲を生み出した昭和の歌姫・藤圭子。4年前62歳の若さで亡くなった。元夫・前川清は、2年ほど前から藤圭子の曲をライブで歌うようになったとのこと!更に藤圭子のあの名曲「新宿の女」をテレビ初披露!

大竹しのぶが語る“結婚”とは!?エディット・ピアフの名曲と共に「ばら色の人生」を披露した。

そして、山内惠介の「愛が信じられないなら」、吉幾三が「ららばい」を披露。

その後、「瞳をとじて」など多くのヒット曲を生み出した平井堅が登場。新曲の「ノンフィクション」を披露。平井堅は「生きるのがしんどい方の背中をなでるような曲が書けたらなという思いで作った」と話しました。
posted by ゲスト at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

NHK新音楽番組「うたコン」初回視聴率 10・4%

「うたコン」は23年間続いた「歌謡コンサート」のリニューアル番組で演歌や歌謡曲からポップス、ロックまで多彩なジャンルの歌手が生出演する。同局の橋本奈穂子アナウンサーが谷原とコンビを組む。

 初回は時間を拡大して「春の花咲くうたコン祭り~朝ドラ主題歌特集!」をテーマに放送。いきものがかりは「ありがとう」を、平原綾香は「おひさま~大切なあなたへ」、AKB48は「365日の紙飛行機」を披露。

4月12日に放送の平均視聴率は10・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。
posted by ゲスト at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

愛の姿をムードたっぷりに描いた名曲

八代亜紀の「愛ひとすじ」、そして中条きよしの「理由(わけ)」でスタート。ステージは一気にムード溢れる愛の世界に。平和勝次とダークホースが、おなじみ「宗衛門町ブルース」を、若手女性歌手のエンレイがテレサ・テンの「愛人」を、人気急上昇中の三山ひろしが、島津ゆたかの「花から花へと」を、そして美川憲一が、大人のムードたっぷりに「柳ケ瀬ブルース」を熱唱する。

さらに、極めつけは、ご存じマヒナスターズ。ムード歌謡全盛期の大ヒット曲「誰よりも君を愛す」を披露する。

「時代の歌・こころの歌」のコーナーでも、懐かしいムード歌謡をお楽しみいただく。森雄二とサザンクロスが、昭和52年のヒット曲「足手まとい」を歌い上げる。

posted by ゲスト at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする