2019年09月12日

NHK紅白歌合戦について

NHK紅白歌合戦の観覧募集申込みは、例年10月上旬ごろに募集を開始しています。もちろん入場無料なのですが、事前の申し込みが必要です。

詳しいお申し込み方法は、募集期間中に、NHKのテレビ、ラジオ、ホームページ・イベント情報サイト(http://www.nhk.or.jp/event/)、携帯サイトなどでお知らせされます。

ところで気になる当選倍率ですが、過去の倍率を調べると、1000倍程度となっているようです。

年度によって倍率の違いはあるようですが、当たるためにはかなりの枚数のハガキを出さないと当たらないようです。数枚出しただけで当たるのは奇跡に近いですね。

そのため、一人で沢山応募されるので、当選倍率高騰に繋がっているようですね。
また今年は第70回目ということや令和初ということもあり、かなりの倍率になりそうですね。


2019年度紅白歌合戦の観覧募集申込の開始時期と当落通知、当選倍率などをいろいろなサイトでチェックして下さい


ところで昨日の9月10日のうたコン、久しぶりのNHKホールからの生放送でしたが、乃木坂46、森崎ウィン、リトグリ、郷ひろみ、ケミストリー、坂本冬美など出演されていて良かったですね。
posted by ゲスト at 17:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

好きな洋楽男性アーティストランキング!!

もっとも権威ある音楽賞として知られる『第60回グラミー賞』が、間もなく開催。一気に洋楽アーティストへの注目度が高まる中、オリコンが運営するサイト『English Style』では「好きな洋楽男性アーティスト」について、1,000人にアンケートを実施。総合1位に輝いたのは、昨年CMでお茶の間にも進出したカナダ・オンタリオ出身のジャスティン・ビーバーだった。

1位 ジャスティン・ビーバー
2位 ブルーノ・マーズ
3位 ザ・ビートルズ
4位 マイケル・ジャクソン
5位 東方神起
6位 マルーン5
7位 ボン・ジョヴィ
8位 オースティン・マホーン
9位 エド・シーラン
10位 ワン・ダイレクション
posted by ゲスト at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

紅白出場歌手について

毎年大晦日に放送されるNHK紅白の歌手出場者が、2018年11月14日に発表された。「第69回NHK紅白歌合戦」の初出場は紅組があいみょん、DAOKO。白組はKing & Prince、Suchmos、純烈、YOSHIKI feat. HYDE。

今年『U.S.A.』が大ヒットしたDA PUMPは16年ぶりの出場。

その一方で、出場が有力視されていた「落選組」のファンの「なぜ落選したの?」といった声も続々と上がっている。

初出場当確と思われた米津玄師さん、落選にネットは落胆の声も。「あれ? 米津玄師さんは?」「落選は意外」など驚きの声が殺到。ほかにも、有力視されていたことを引き合いに出した上で、「本人が辞退したんじゃないか?」と、オファー自体はあったのではとする声もある。

また、9月に飲酒運転とひき逃げの容疑で逮捕された吉澤ひとみ被告の所属先だったモーニング娘。は、今年が結成20周年ということで、ファンの間では紅白への復帰を期待する声が大きかったが、その期待に反して落選となった。

また、4月に当時の現役メンバーである山口達也さん(46)が未成年との淫行騒動を起こしたTOKIOだが、出場者リストの中に名前はなく、連続出場回数は昨17年までの24回で止まった。
posted by ゲスト at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

花嫁へ 永遠の愛を誓う!

うたコンのテーマ「6月の花嫁へ 永遠の愛を誓う」で山内惠介が「恋する街角」から、川野夏美&杜このみが花村菊江の「潮来花嫁さん」を歌った。

クリス・ハートが中島みゆきの「糸」、石原詢子が都はるみの「夫婦坂」を披露した。

前川清が亡き元妻・藤圭子、「圭子の夢は夜ひらく」など多くのヒット曲を生み出した昭和の歌姫・藤圭子。4年前62歳の若さで亡くなった。元夫・前川清は、2年ほど前から藤圭子の曲をライブで歌うようになったとのこと!更に藤圭子のあの名曲「新宿の女」をテレビ初披露!

大竹しのぶが語る“結婚”とは!?エディット・ピアフの名曲と共に「ばら色の人生」を披露した。

そして、山内惠介の「愛が信じられないなら」、吉幾三が「ららばい」を披露。

その後、「瞳をとじて」など多くのヒット曲を生み出した平井堅が登場。新曲の「ノンフィクション」を披露。平井堅は「生きるのがしんどい方の背中をなでるような曲が書けたらなという思いで作った」と話しました。
posted by ゲスト at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

NHK新音楽番組「うたコン」初回視聴率 10・4%

「うたコン」は23年間続いた「歌謡コンサート」のリニューアル番組で演歌や歌謡曲からポップス、ロックまで多彩なジャンルの歌手が生出演する。同局の橋本奈穂子アナウンサーが谷原とコンビを組む。

 初回は時間を拡大して「春の花咲くうたコン祭り~朝ドラ主題歌特集!」をテーマに放送。いきものがかりは「ありがとう」を、平原綾香は「おひさま~大切なあなたへ」、AKB48は「365日の紙飛行機」を披露。

4月12日に放送の平均視聴率は10・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。
posted by ゲスト at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

愛の姿をムードたっぷりに描いた名曲

八代亜紀の「愛ひとすじ」、そして中条きよしの「理由(わけ)」でスタート。ステージは一気にムード溢れる愛の世界に。平和勝次とダークホースが、おなじみ「宗衛門町ブルース」を、若手女性歌手のエンレイがテレサ・テンの「愛人」を、人気急上昇中の三山ひろしが、島津ゆたかの「花から花へと」を、そして美川憲一が、大人のムードたっぷりに「柳ケ瀬ブルース」を熱唱する。

さらに、極めつけは、ご存じマヒナスターズ。ムード歌謡全盛期の大ヒット曲「誰よりも君を愛す」を披露する。

「時代の歌・こころの歌」のコーナーでも、懐かしいムード歌謡をお楽しみいただく。森雄二とサザンクロスが、昭和52年のヒット曲「足手まとい」を歌い上げる。

posted by ゲスト at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

歌謡コンサート 冬の名曲集

冬をテーマにした歌の数々を歌う。
幕開きは福田こうへいが歌う三波春夫の名曲「雪の渡り鳥」。
続いては森進一「北の螢」、八代亜紀「愛の終着駅」、さらに「海雪」「冬のファンタジー」「夏の日の想い出」「さらばシベリア鉄道」と、冬の名曲がずらりと並ぶ。

さらに子どもに親しまれる徳永ゆうき「北風小僧の寒太郎」、鈴木慶の「ペチカ」「冬景色」の叙情歌メドレーも。番組後半では由紀さおりと坂本冬美のデュエット「ラストダンスは私に」を披露。

花咲ゆき美が「海鳥哀歌」を披露。さらに森進一が話題曲「あるがままに生きる」を披露。
posted by ゲスト at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

恋にやぶれて別れの名曲集

三山ひろしさんが「哀愁列車」を披露しこれまでの人生で失恋をしたことがある皆さんの代表で松崎しげるさんが失恋とは何かを質問され「大学生の時に大失恋をして抜け殻」という曲を作ったなどと話しました。


イケメン演歌歌手トリオ「イケメン3」の竹島宏さんの他、クミコさん、三山ひろしさんなど、若手の方も多く出演。

水森かおりさんが「東尋坊」、その竹島宏さんが「今は幸せかい」を披露した。

丘みどりさんが「池上線」、松崎しげるさんが「グッド・バイ・マイ・ラブ」を披露。失恋のエピソードをクリス・ハートさんが日本に来た時にふられて充電のためにアメリカに帰って家族と過ごしたなどと話した。

香西かおりさんが「流恋草」、クリス・ハートさんが「レイニーブルー」歌恋さんが「すずめの涙」を歌った。

菅原洋一さんが「今日でお別れ」、中西保志さんが「最後の雨」が印象的。

クミコさんがつんくさんが作曲した「うまれてきてくれてありがとう」について自分の子供のように大事に育てたい歌だと思っているとコメント。

三山ひろしさんの「お岩木山」、中村美律子さんが「長良川鵜情」の新曲を披露。
posted by ゲスト at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする